Monthly Archives: 10月 2011

富山 秋の行楽 イベント・体験ツアー等のお知らせ 越中八尾奥座敷大長谷

秋も深まってきました。
立山や白山では冠雪があったそうです。
白木峰もそろそろ雪が舞い降りると思います。
今大長谷では、各家々で冬支度が行われています。
皆様におかれましては、ご健康でいられますか?
紅葉が見頃な大長谷に是非起こし頂けることを望んでいます。
さて、11月の大長谷を中心としたイベント・体験・ツアー等のお知らせをします。
・11月 5日(土)【NPO村づくり イベント】 キノコ教室
            http://nagatan.info/?p=4923
・11月 6日(日)【NPOイベント】 秋を食する会
            http://nagatan.info/?p=4425
            のページから、平成23年度大長谷行事予定.pdf
            をクリックして確認願います。
          尚、大長谷までの道中が怖いかたには、
          グリーンツーリズム越中八尾
          http://ameblo.jp/yatsuo-fa/
【ツアーのチラシだよおNEW!クリックしてゲット してねこれ↓
          上記『ゲット』をクリックして、イベント参加での
          申込により、八尾駅から大長谷までバス移動が可能です。
          ※料金は、バス代等加算されます。
        両日とも、NPO大長谷村づくり協議会の行事です。
         農援隊の方で、現地直接大長谷参加希望者は、
         ふるさとセンター村上理事長にご連絡願います。
        ふるさとセンター 076-458-1415
・11月14日(月)【エコロの森 ツアー】森のきのこでイタリアンを楽しむ
・11月19日(土)【エコロの森 ツアー】森のきのこでイタリアンを楽しむ
         エコロの森のツアーです。
         詳細は、HP『エコロの森』
          http://www.ecolonomori.com/
          201/10/20 越中八尾山田の「散策の秋」
          ガイド付きツアーの参加者募集中です。
          パンフレットをクリックすると詳細プログラムが見られます。
           続きを読む

ながたん小麦・しゃくやく(漢方)プロジェクト 生育状況報告2011年10月10日 素人歓迎 富山県八尾奥座敷

111010_現在06

 

2011年9月24日に播いた小麦が、10月10日には、5~10㎝程度に成長していました。

11月上旬には、1回目の追肥を行います。

興味ある方、是非ご連絡願います。

 

111010_現在01

小麦畑と芍薬畑現況(2011.10.10)

 

...
続きを読む

2011年10月16日白木峰~小白木峰まで縦走が行われました 北陸 富山 八尾奥座敷大長谷

111016_白木縦走1

 白木峰山頂で、ガイド村上さんの講話

  2011年10月16日、グリンツーリズム越中八尾主催の白木峰~小白木峰 縦走ツアーが開催されました。 詳しくは、下記越中八尾ふるさとづくり協議会のブログに掲載されています。 http://ameblo.jp/yatsuo-fa/day-20111018.html デジブックのブログには、佐藤さんがこのツアーの写真を奇麗に編集してくれています。佐藤さんありがとうございます。  http://www.digibook.net/d/6f048f3f90998cd937a8d0f2c6fa2e3d/

111016_白木縦走2

 ナナカマドの実と白木峰の紅葉

 

111016_白木縦走3

 小白木峰までの稜線道 ブナ林

111016_白木縦走4

 小白木峰から取水堰までの険しい山道

111016_白木縦走5

参加者のお姉様(^_^)v

縦走完走し、セクシーポーズ

...
続きを読む

津田じいちゃんの炭焼き窯天井上げ 平成23年10月2日 八尾奥座敷 大長谷

111002_炭焼き窯15

10月1日までの進捗状況

天井まで完成しました

 

平成23年10月2日(日)いよいよ最終仕上げです。

前回の7月25日ブログ後の経緯について、画像がないので文字でお知らせします。

 

8月    オロロが多いので、作業中断

9月上旬 ミニバックホウで支柱・屋根を組立。

      窯内部の粘土均し

9月中旬 稲刈りのため、一次炭焼き窯作り中止。

9月下旬 第1回目の炭焼き用の生木を窯に入れる。

      窯内部に生木配置後、天井部分の粘土を施すために、

      薄ベニヤ板で工作

 

 

平成23年10月2日は、いよいよ最終仕上げです。

内側の壁作りと同じ要領で、焼き入れされた粘土を水と混ぜてこねます。

111002_炭焼き窯14

赤粘土(焼き入れ)をこねている様子

 

団子状にまで水分を含んだ粘土を握り拳より大きめ(直径15㎝程度)の玉にして、天井部分に貼り合わせていきます。

天井の厚みは、15㎝から18㎝程度にしました。

111002_炭焼き窯12

天井仕上げ状況

 

大長谷では、60年前(昭和30年以前)には、多くの場所で炭焼きが盛んに行われていたそうです。

今日の天井上げに参加した宮島さんや井上さんも15歳から20歳頃まで炭焼きの仕事に携わっていたことと話していました。

60年も昔のことですが、炭焼き窯の特徴や習性は、今でもしっかり記憶されていることに関心しました。

 

111002_炭焼き窯11

休憩中、昔話に盛り上がりました

朝9時頃から天井上げを行い、正午には無事終わりました。

今日まで津田じいちゃんの炭焼き窯作りに多くの人の協力があったことをこの場を借りて感謝いたします。

111002_炭焼き窯16

天井完成後記念撮影

お昼は、津田ばあちゃん、井上さんらが振る舞いのために田舎料理を作ってくれました。

新米で作った自家製五平餅、じいちゃんの薪ストーブで焼いた微妙な焦げ目とばあちゃん秘伝のエゴマ味噌で味付けして最高に美味しかったです。

111002_炭焼き窯13 続きを読む