Monthly Archives: 11月 2011

2011年そば祭り 新そばと秋の地場野菜の収穫祭 北陸・富山より 

富山県産(大長谷産)の蕎麦粉で作った手打ちそばと格安秋野菜の販売 平成23年11月20日(日)、大長谷交流センターにて蕎麦祭りが開催されました。

111120_そば祭り20

★そばまつり会場の様子★

美味しい手打ちそばが500円で食べられます。 そば職人さんである針原さんらが丁寧におそばを打っています。 今年もありがとうございます。

交流センターの内外では、そば以外に、大長谷で取れた秋野菜の販売も行われました。

111120_そば祭り01

111120_そば祭り03 ★交流センター屋外での野菜販売の様子★

111120_そば祭り02

★大長谷の秋野菜 ふっくら甘い白菜★

111120_そば祭り04

★大長谷の秋野菜 甘みのある銀杏★

111120_そば祭り05 ★大長谷の秋野菜 赤大根の漬物、粘りのある自然薯★

111120_そば祭り06

★大長谷の秋野菜  漬物にしたら最高の赤カブ、赤唐辛子★

111120_そば祭り07 ★大長谷の秋野菜 ブロッコリー、ゆず★

111120_そば祭り08

★大長谷の秋野菜 太った自然薯 原木栽培のナメコ★

111120_そば祭り10

★大長谷の秋野菜 大きく太った白蕪、色々種類のあるかぼちゃ里芋、★

続きを読む

炭焼き(富山大長谷伝統文化)取り出し 里山暮らし 生活体験 ダッシュ村みたいな農援隊

111113_炭焼き窯07

蓋を取り除いた炭焼き窯

 

平成23年11月13日  津田じいちゃん炭窯での第1回目の炭が完成しました。

 

111113_炭焼き窯05

炭焼き小屋全景

111113_炭焼き窯06

焼き上がった炭

(屑炭は、事前に取り出し、前面清掃してあります。屑炭・灰は、川波さんの鶏小屋で有効利用されるそうです。)

炭は、余すことなく全て利用されると教わりました。

  当日、朝10時より、村の炭焼き経験者、宮島さん、井上さん夫婦を始め、農援隊隊員により、窯から炭を採り出しました。 窯の内部は細かい炭が、浮遊しており、マスクをしての取り出しを行います。  

111113_炭焼き窯08

マスクをしながら、炭を取り出す様子

小田さん、山下君、お疲れ様です。

 

111113_炭焼き窯01

取り出した炭のうち、土に面した部分10㎝程度は、完全に炭になりきれて折らず、炭としての商品には出来ません。 そこで、炭の下15㎝程度を鋸で、取り除きます。    

111113_炭焼き窯09

取り出された炭

111113_炭焼き窯10

   

111113_炭焼き窯12

昔炭焼きの経験のある宮島さん(左)と井上さん(右)

111113_炭焼き窯11

炭焼き経験のある井上さん

  炭を取り出したあと、その炭を利用してバーベキューを行いました。

続きを読む

平成23年11月6日 『自然散策と秋を食する会』ツアーが開催されました 八尾ゆめの森収穫祭のお知らせ

平成23年11月6日『自然散策と秋を食する会』が開催されました。 詳しくは、グリーンツーリズム八尾

http://ameblo.jp/yatsuo-fa/

111106_食する会

 立派なクリタケをゲットした参加者

 雨の中お疲れ様~

 

★★お知らせ★★

八尾ゆめの森収穫祭

八尾特産品の販売、こども元気村縁日、新そば食べ比べコーナー、アトラクションが行われます。 ☆開催日 平成23年11月23日(水) ☆開催場所 八尾ゆめの森ゆうゆう館 ☆主催者 ゆめの森収穫祭実行委員会 ☆お問い合わせ先は、076-454-3330 大長谷からも、野菜等を出店します。 出し物は、おたのしみ 皆さん、是非ご来場下さい(^_^)v...
続きを読む

農援隊 自然学習 きのこ採り 自然学習きのこの生態について説明~きのこ狩り、きのこの仕分け 越中八尾の奥座敷大長谷

平成23年11月20日は大長谷そば祭りです。

2011.9.18.jpg詳細はこちらから↓↓↓

http://nagatan.info/?p=5231

平成23年10月30日 農援隊しばたさん、みつづかさんが、きのこ採りに挑戦しました。
今日のキノコ採りと併せて、お二人には、森の中の環境において、倒木ときのこの役割、シカか熊の生態などについて実地勉強しました。
111030_きのこ採り (5)
ナメコを摘む柴田さん、三塚さん
勉強について、概略は、下記のような感じです。 ・きのこが植物でも動物でもない、菌類というジャンルの生き物であること ・きのこが、倒木(有機質)を無機質に促進させている ・きのこが、早秋と晩秋(温度)によって異なる種類が成長すること ・きのこの摘み取り時期が短いということ ・幼菌きのこは、摘み取らずに残しておき、次に山に入る人に分かち合うこと ・倒木きのこは、出来るだけ根元から摘み取り柄の部分を残さないでおくこと ・食べてはいけないきのこの種類(ツキヨタケ、ニガクリタケ)
111030_きのこ採り (6)
jなめこと同じ場所に生息するツキヨタケ
111030_きのこ採り (1)
ツキヨタケの表側(椎茸のような色に惑わされる)
111030_きのこ採り (2)
ツキヨタケの裏側(柄の根本が黒い)
111030_きのこ採り (3)
ツキヨタケの裏側(割くと柄の根本が黒いのが解る)
etc・・・たぶん、家に戻ったら忘れているだろうな~(^_^;) 本日採れたきのこは、ナメコ、クリタケ、チャナメツムタケ、ブナシメジ、カシタケ、ムキタケでした。
111030_きのこ採り (4)
ムキタケ(シカも食べます)
...
続きを読む