Monthly Archives: 3月 2013

食事付き ウド、コゴミ、ワラビがいっぱい(●^o^●) 大人も子供も楽しめる山菜教室の案内(格安宿泊施設) 

2013年5月19日今年も富山県富山市大長谷において山菜教室を開催します。

120526_山菜祭準備_4_サイズ変更_サイズ変更

山菜教室の内容

  • 山菜採りでの注意事項、山の歩き方説明他

  • 山菜採り

  • 採れた山菜を使っての簡単料理・試食会

(さらに…)

...
続きを読む

山菜図鑑/乱獲は環境破壊/自然に優しい山菜採り

120513_農援隊1

山菜の採り方、特徴について勉強をするながたん農援隊メンバー

菜採りシーズンになりました ブログやフェイスブックで、山菜を採ったり お友達から頂いたりする画像が日々アップされています 基本、山菜は天然ものですが、実際に山に入っても 美味しく食べれる野草、すなわち山菜 辺りの野草の中で感覚的に50分の1から100分の1程度です。 食べれる野草もあれば、危険で有毒な野草も沢山あります。 ですから、なんでも採っていいものではありません 食べられる山菜があるからといって、むやみに沢山採るのも駄目!!! 本日は、雪解けして早々と採れる

葉ワサビ(センナ)

についてお話し

IMG_0035

葉ワサビ(センナ)

まず、北陸でわさびの自生する地域は限られています。 皆さん、これまで、どこかの野菜・山菜直売所で、 葉ワサビ(センナ)を目にするときは、 根茎付ではなく、葉だけだと思います。 それは、葉ワサビ(センナ)が、根まで採ってしまうと、翌年から採取出来なくなるので 葉だけを摘み取って販売しているのです

IMG_0036

水耕栽培なら、持ち主の許可を得られれば 根茎も頂いてよろしいと思いますが、 天然ものを根こそぎ(茎)も採るということは、 絶対にN.G !!! 地中で育つ茎は、食べられるまで3~5年、成長に月日がかかります。 根まで採ってしまったら、同じように葉ワサビを食べらるまでに 3~5年、もしかしらもっと長い年月がかかるのです。 自然は、あなただけのものではありません。

山菜料理

春のふるさとセンター・宿泊メニュー

では、天然の葉ワサビを見つけたらどのように採取すれば正しいのでしょうか? ・地上の茎を数本残して採取する  ・自分が食べる分だけにする ・必要以上は採取しない ・テープやロープの中(民地)には絶対に入らない (自生しているようでも、実は栽培している場合もあります)

※これら、最低限のルールです。

大長谷村づくり協議会の山菜教室(平成25年5月19日(日))や ながたん農援隊で随時行われている山菜についての勉強会では、 さまざまな山菜についての適切な採り方についても学べます。 【問い合わせ先】 NPO法人大長谷村づくり協議会 住所:富山県富山市八尾町庵谷10番地  大長谷ふるさとセンター内 電話:076-458-1415 ※木曜定休日除く10時から17時  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

自然相手に落書きたら(@_@;) オオカメノキの冬芽が天使になった(●^o^●)

130323_自然散策樹木10天使

オオカメノキの冬芽の天使ちゃん

早春のブナ林

おおかめのき

っていう木の冬芽に

天使があらわれた

今年も

ながたんに

あたたかな

春がくる

130323_自然散策樹木10

落書き前のオオカメノキの冬芽

大長谷には、自然がいっぱい

雪解けが始まるころ、山に入ると

素敵な樹木に巡り合える

大長谷の山を知り尽くす

猟師であり、山野草の先生でもある村上光進

ガイド村上光進と大長谷の森を歩くと

きっと素敵な景色にあなたも会える

130323_村上光進

NPO大長谷村づくり協議会理事長 村上光進

【 名 人 】

・山菜採り ・キノコ狩り ・岩魚釣り(テンカラ) ・熊撃ち ・山野草 ・里山料理(ジビエ料理)

【苦手】

・パソコン ・ピザ ・麻婆豆腐 ・街中

【問い合わせ先】

NPO法人大長谷村づくり協議会

住所:富山県富山市八尾町庵谷10番地  大長谷ふるさとセンター内 電話:076-458-1415 ※木曜定休日除く10時から17時

富山県富山市八尾町のノスタルジックな大長谷地区から

大長谷・山里だよりは、地区を愛する人々の協力を得て作成されています。

1日1回、にほんぶろぐ村にクリックして下さい。

にほんぶろぐ村は、日々のブログアクセス数でランキング変動され

新たな・ながたんファンの拡散のため、あなたのクリックが必要です

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

続きを読む

かんじきでブナ林を歩くツアー  アニマルトラッキング、豪華なお弁当、早春の花と楽しさいっぱいPart2

130323_自然散策2_08

参加者全員で記念撮影

冬枯れしたブナ林 静けさの中、 雪の白さとブナの幹の白さが際立つ ゆったり5時間森の中で過ごしました 今日は、昼食から、折り返し地点、別の稜線から普段は入れないブナ林コースの後半を紹介します(●^o^●) 前半はこちらから→http://nagatan.info/?p=10353

130323_自然散策2_01

本日のお弁当 大長谷の食材が含まれて美味しい

(料金に含まれています)

130323_自然散策2_02

ランチタイム

皆さん・笑顔

130323_自然散策2_04

今回、最年少の参加者 T大生

余裕の笑顔

130323_自然散策2_05

21世紀の森の遊歩道の現状

日当たりが良い場所では、雪は半分以上溶けていました。

130323_自然散策2_06

稜線沿いの遊歩道

この先に一番高い東屋があります

130323_自然散策2_09

帰りのコース

稜線沿いをゆっくり歩きます

雪解けしており、かんじき無しで大丈夫でした

続きを読む