Monthly Archives: 4月 2013

採りたては美味しい(●^o^●)自分で採った山菜を調理してくれるレストラン

大長谷ふるさとセンターの4月中旬のおまかせメニュー 今回は、自分たちが午前中に採ってきた山菜を料理していただきました 山菜採りの内容は ↓  ↓  ↓

山は宝石箱/山菜採りにハマる人の気持ち

120420_ふるさとセンター1

ながたん農援隊お任せランチ (※農援隊特別メニューです)

ながたん農援隊のお任せメニューは、農援隊メンバーが食材を提供してくれるので、ボリューム感にばらつきがあります。

120420_ふるさとセンター2

山菜の天ぷら

左から

アザミ、フキノトウ、コゴミ

120420_ふるさとセンター3

カンゾウ(癖のない山菜)の味噌和え

120420_ふるさとセンター4

鮭、葉ワサビ、フキノトウ味噌(もちろん山菜は大長谷)

120420_ふるさとセンター5

シャク(香りのある山菜)とシラス

120420_ふるさとセンター6

フキノトウ味噌のあげ餃子

(ながたん農援隊メンバーの差し入れメニュー、富山県五箇山の山菜)

ながたん農援隊メンバー随時募集

農作業や山菜採り、キノコ狩りと様々な里山での生活体験が楽しめます

【問い合わせ先】

大長谷ふるさとセンター

住所:富山県富山市八尾町庵谷10番地 電話:076-458-1415 ※木曜定休日除く10時から17時

富山県富山市八尾町のノスタルジックな大長谷地区から

大長谷・山里だよりは、地区を愛する人々の協力を得て作成されています。

1日1回、にほんぶろぐ村にクリックして下さい。

続きを読む

春の畑/始動 エシャロット、行者ニンニクの息吹

里山の畑 海外みたいにでっかくない畑 約30m×30mの面積=900m2(1反) 1反の面積 里山の村人は、耕運機を使って 畑を耕す

130414_宮田畑1

丁寧に耕運機で耕す

もう本日分の作業は終わっていました

130414_宮田畑2

行者ニンニクの新芽

追肥したところ

130414_宮田畑3

追肥前の行者ニンニク

青々しくまぶしい

130414_宮田畑4

越冬したエシャロット

株は土の中で春を待つ

新芽が伸びている

あと3週間くらいで美味しいエシャロットが食べられる

里山の畑

街中と比べても小さい

小さいからこそ

作り手が

畑の隅々まで

愛情注げる

野菜の一つ一つ

丁寧に作られているから

どう考えたって美味しくなる

納得(●^o^●)

成長したエシャロットの記事はこちらから

里山(ながたん)の人々 野菜のプロフェッショナル宮田さんのエシャロット

富山県富山市八尾町のノスタルジックな大長谷地区から

大長谷・山里だよりは、地区を愛する人々の協力を得て作成されています。

1日1回、にほんぶろぐ村にクリックして下さい。

続きを読む

春の里山山野草図鑑5/カタクリの一枚葉は7年間、二枚葉になるには8年目。長い月日で花を咲かせます 

130420_カタクリ1

カタクリとながたんくん

本日はカタクリのお勉強(●^o^●)

カタクリの花は、7年間一枚葉で過ごし、光合成をして8年目でようやく咲くそうです。 光合成の時期も雪解けした4月中旬から5月の下旬には枯れてしまう花らしい わずか1カ月弱の間だけしか光合成が出来ず、翌年の春までずっと大地の中で春を待ち続けている すごく神秘的な花ですね。 130420_カタクリ6

1枚葉のカタクリ

この姿で7年間花を咲かせようと待ちわびている

130420_カタクリ5

1枚葉の群生

群生ですが、1枚葉のため、花をさかせていません

130420_カタクリ2

2枚葉(8年生以上)と1枚葉(7年生以下)

130420_カタクリ4

二枚葉のカタクリ

1輪戴き、美味しく春の恵みに感謝しました

130420_カタクリ3

別のカタクリの群生

こんなに大変な花なのに、昔の人は、カタクリからカタクリのでんぷん質であるカタクリ粉を産出していたって どれだけすごい事なのか頭がさがります

物部(もののふ)の

八十少女(やそおとめ)らが汲みまがふ

寺井の上の堅香子(かたかご)の花

万葉集 大伴家持より

続きを読む

山は宝石箱/山菜採りにハマる人の気持ち

今日はNPO法人 大長谷村づくり協議会の稲垣さんに連れられて、

大長谷まで山菜採りに(^◇^)

130420_山菜採り02

群生するコゴミを見て大興奮

山菜採りにハマる人の気持ちが分かりました

130420_山菜採り01

アザミの新芽の採取

手前にながたんくん

130420_山菜採り03

アザミの新芽

コゴミの 他にもアザミやカタクリ、ゼンマイが広がり、山は宝箱みたいなものですね

130420_山菜採り12

ただ、コゴミが群生していた場所は

以前水田だったようで、しっかりと水路の跡が 残ってました。

先人が開拓した苦労も、半世紀経たたずに山に帰してしまったようです。

130420_山菜採り04

山菜を採ったあとはふるさとセンターで絶品山菜料理を満喫。

(料理の内容は後日)

続きを読む