Daily Archives: 2013 年 5 月 29 日

山菜祭り前夜★究極の蕎麦/ありそうでなかった同じ場所での小麦と蕎麦の生産地、その理由

090

【ながたんの蕎麦粉】

大長谷では、古来より蕎麦の生産が盛んであった。

長野と同じように標高が高く、蕎麦に適した環境であったからである。

あるそば職人から、富山県内では、仁歩(富山市八尾町)より標高の低い蕎麦は、

蕎麦としてなりたたないと聞いたことがある。

理由は、標高が低いため、蕎麦の生育が良すぎて、こねても蕎麦が団子にならないからである。

大長谷の蕎麦畑は、標高500mであるが、富山湾からの冷たい風が流れ込む特異的な地形のため、

積雪3m以上もの長野の高地と同じような寒冷地の環境。

だから、大長谷では美味しい蕎麦が作れる。

IMGP0744

【市場に出回らない限定品】

大長谷の蕎麦は、

5月第4週日曜日の山菜祭り と

11月第3週日曜日の蕎麦祭り

にて、一般の人々も食することが出来る。

ただし、生産量が限られており、この2つのイベントでしか

街中の方々が食する機会はありえない

だから、幻の蕎麦である由縁

04_120729_じゃがいも小麦

【つなぎ】

地方によって、各地域の特性を生かした蕎麦のつなぎは、様々である。

新潟県八日市は、海藻をつかったヘギ蕎麦

石川県門前では、山芋をつかった門前蕎麦

長野県富倉では、山菜であるイタドリをつかった富倉蕎麦

日本の蕎麦の生産各地で様々なつなぎもある。

大長谷では、昨年小麦の栽培を試み成功した。

続きを読む

ヨモギ摘み取り・本格ヨモギ餅の作り方/食材に自信あり大長谷 山菜祭り

本格 ヨモギ餅

大長谷 山菜祭りで毎年振る舞われています。

前日にヨモギを摘んで、すりつぶしまでの作業。

ヨモギは、『ハーブの女王』と呼ばれ 漢方名では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから、 万能薬と言われてます。 美容にもよく、美肌・ダイエット・デドックスの効能があるらしい

130525_ヨモギ餅作り01

ヨモギ

大長谷 山菜祭りでは山ヨモギを使います

平野部のヨモギと違い

香り・味わい格段に違います(^◇^)

130525_ヨモギ餅作り03

先端の若葉を摘み取り

130525_ヨモギ餅作り04

大長谷の仲良しばあちゃん

T&Kコンビ

130525_ヨモギ餅作り02

いつもほがらかKばあちゃん

130525_ヨモギ餅作り05

ヨモギの摘み取りで汗かいて

残雪で喉をうるおす

ビールが飲みたい~

130525_ヨモギ餅作り06

ゴミ袋いっぱいのヨモギ

ばあちゃん、担ぐ姿がかっこい~(●^o^●)

130525_ヨモギ餅作り07

ピンボケ

採ってきたヨモギを10分程度茹でる

続きを読む