フキノトウの雄花と雌花 苦さが違います

フキノトウの雄花と雌花 苦さが違います

大長谷・国道471号線沿いでは3月下旬から4月下旬までフキノトウが採取出来ます。

雄花と雌花、どちらを摘み取ってもよいのですが、

村人曰く

雌花のほうが苦くないらしいです。(個人的な感想)

130331_フキノトウ1

雄花

【雄花の特徴】

1 雄花は小花が隙間なく並んで、球形になっている。
2 色は黄色
3 大きくならずに枯れる

130331_フキノトウ2

雌花

【雌花の特徴】

1 雌花は小花の間に隙間があり、いびつな形である。
2 色は白っぽい
3 大きくなりタンポポに似た種子を飛ばす

【結論】

山菜として好まれるのは、雄花か雌花か、人の好みによって 異なる。

実際に食べてみると、若干雄花の苦みが強いようにも思われる。

形や色から美味しそう に見えるのは雄花ですね。

【稲垣】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

にほんブログ村

コメントはまだありません。

コメントを付ける