春の畑/始動 エシャロット、行者ニンニクの息吹

春の畑/始動 エシャロット、行者ニンニクの息吹

里山の畑

海外みたいにでっかくない畑

約30m×30mの面積=900m2(1反)

1反の面積

里山の村人は、耕運機を使って

畑を耕す

130414_宮田畑1

丁寧に耕運機で耕す

もう本日分の作業は終わっていました

130414_宮田畑2

行者ニンニクの新芽

追肥したところ

130414_宮田畑3

追肥前の行者ニンニク

青々しくまぶしい

130414_宮田畑4

越冬したエシャロット

株は土の中で春を待つ

新芽が伸びている

あと3週間くらいで美味しいエシャロットが食べられる

里山の畑

街中と比べても小さい

小さいからこそ

作り手が

畑の隅々まで

愛情注げる

野菜の一つ一つ

丁寧に作られているから

どう考えたって美味しくなる

納得(●^o^●)

成長したエシャロットの記事はこちらから

里山(ながたん)の人々 野菜のプロフェッショナル宮田さんのエシャロット

富山県富山市八尾町のノスタルジックな大長谷地区から

大長谷・山里だよりは、地区を愛する人々の協力を得て作成されています。

1日1回、にほんぶろぐ村にクリックして下さい。

にほんぶろぐ村は、日々のブログアクセス数でランキング変動され

新たな・ながたんファンの拡散のため、あなたのクリックが必要です



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ

にほんブログ村

コメントはまだありません。

コメントを付ける