夏の山野草図鑑11/白い花 ・ オトコエシ(男郎花)、ヒヨドリバナ(鵯花)

 夏の山野草図鑑11/白い花 ・ オトコエシ(男郎花)、ヒヨドリバナ(鵯花)

富山県立自然公園= 白木水無県立自然公園

8月の21世紀の森の中に咲いた山野草

キャンプ場周辺でこんな花々と

遭遇出来るかも

130811_山野草01_オトコエシ

オトコエシ(男郎花)

オミナエシ科オトコエシ属

オミナエシ(女郎花)と対比させてつけられた名前で,

オミナエシに比べて強壮な感じがするからということです

山野によく見られる多年草

実に翼状の丸い小苞が付いています

白い花を白米(男飯)に見立ててオトコメシ、訛ってオトコエシ。

因みに、オミナエシは黄色い花を粟飯(女飯)に見立ててオミナメシ→オミナエシ。

130811_山野草02_オトコエシ

オトコエシ 拡大

130811_山野草08_フジバカマ

ヒヨドリバナ

キク目キク科フジバカマ属の多年草

淡紫色または白色の小さな筒状花が

多数集まって、散房状に咲かせる

ヒヨドリバナは、山上憶良が

「萩の花 尾花、くず花 なでしこの花 また藤袴 朝顔の花」

と詠んだ秋の七草のフジバカマ(藤袴)と同属で、

花だけ見るとフジバカマとそっくりである

フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。

130811_山野草07_フジバカマ

ヒヨドリバナ 拡大

大長谷村づくり協議会 ながたん農援隊では、山野草についての勉強会を開催しています。

【山野草観賞会のお知らせ】

平成26年9月6日(土)

白木峰で、身近な山野草の勉強(観賞)会を開催します。

集合場所:大長谷ふるさとセンター

集合時間:9時30分

持ち物:お弁当、歩ける服

費用:無料

【講師】  橋本節子

元富山県自由塾教授 富山植物調査研究

雨天の場合は、21世紀の森 森林学習展示館で座学を行います

【ながたん農援隊のある

NPO大長谷村づくり協議会の問い合わせ先】

住所:富山県富山市八尾町庵谷10番地  大長谷ふるさとセンター内

電話:076-458-1415

※木曜定休日除く10時から17時

ブログを読んでいただいた あなたお願い

限界集落大長谷

世間にアピールする予算がありません

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリック協力で

大長谷の宣伝拡散につながります

是非ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

コメントはまだありません。

コメントを付ける