かんじき材料採取(クロモジ) / 木登り道具・ぶり縄

かんじき材料採取(クロモジ) / 木登り道具・ぶり縄

111103_かんじき06

クロモジ(かんじきの枠木)

クスノキ科の落葉低木

高級楊枝の材料

楊枝自体も黒文字と呼ばれる

和製アロマ・クロモジ油としても利用されている

111103_かんじき01

サンプル クロモジの枝

・太さ:男性用は12mm~18mm程度

女性用は10mm~16mm程度

・長さ:80㎝~120㎝程度

・品質:節目がないもの

(節目があると曲げた時に割れる恐れがある)

・若干綺麗な弧を描いているもの又は、直線的なもの

111103_かんじき03

黒もじの採取状況

周囲を見渡してクロモジの樹を探す

111103_かんじき16

クロモジ以外でも

ヤマザクラ、イタヤカエデ、マンサクなどが利用される

この時期、森に入るとまたたびの実を採取出来る

111103_かんじき12

マタタビ
枠木の周囲を固縛する材料

111103_かんじき13

マタタビの実

111103_かんじき11

貝原益軒『日本釈名』では、果実に長いものと平らなものができることから、

「マタツミ」  と言われている。

アイヌ語の 「マタタムブ」 が現在最も有力な説のようである。

『牧野新日本植物図鑑』によると

アイヌ語で、「マタ」は「冬」、

「タムブ」は「亀の甲」の意味で、

虫えいを意味するとされる。

疲れた旅人がマタタビの実を食べたところ、

「再び旅を続けることが出来るようになった」

ことから「復(また)旅」と名づけられたというが、

マタタビが、旅人に好まれたという周知の事実があるでもない。

「またたび」という字面から「復旅」を連想するのは容易であるから、

典型的な民間語源であると言われている。

111103_かんじき07

またたびは蔓科の植物で、実を採るのに梯子がない場合

枝を2本鉈で切って、縄を巻き梯子を作る

1本の枝に体を任せ、次の1本を上部にくくる

ぶり縄という道具

111103_ぶり縄

即席木登り梯子:ぶり縄

北海道ぶり縄研究会のHP

http://www.geocities.jp/ebetsushibu/burinawa.html

YOU TUBE 『ぶり縄登り方講座 』

http://www.youtube.com/watch?v=jz-Fk9sOIUk

先人の知恵は本当に素晴らしい

 

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリック協力

ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

コメントはまだありません。

コメントを付ける