Category Archives: 12限界集落のお金をかけないSEO 

ホームページ(wordpress)大幅にリニューアル/優良SNS製作会社と悪徳製作階会社の見分け方

【5年以上前のHP,ブログは改訂するべき・その理由】 大長谷・山里だよりは、平成17年頃に作成されました。 当時最新だったWordpress2.8 その後、バージョンアップはされて来ませんでした。 150113_HP改訂_1 スマホやタブレットを利用している人が、5年以上前のホームページやブログを見た場合、画面に収まりきらず、左右にスクリーンを移動したり、文字を拡大するなどの手間をしなければならず、非常に不便です。詳細については、後日説明します。 また、不正アクセスが毎日何百件もあり、その削除をするのに多大な労力を費やしていました。 PC業界で、3年1昔と言われる場合がありますが、大長谷山里だよりは、1昔どころか、3世代前もの大昔という代物。ネット販売もなく、他のSNSとの連動も全て手動で非効率的。 しかし、9年も前のブログが、今まで有る程度使えてきたのは、先人のSNS制作会社が、素晴らしいということだと感じています。時代に廃れることなく、作られたデザインは、それなりに素晴らしいし、今回もブログのデザインは、基本的に変更していません。   【優良SNS制作会社:有限会社北陸建設技術工業】 そんな大長谷・山里だよりを昨年12月からバージョンアップ(wordpress4.0)を容易く、且つ良心的にしてくれたのが、射水市にある住宅リホーム会社・北陸建設技術工業なのです。(興味ある方は、右サイドバーメニューのリンク『なんでも屋』参考にしてね(●^o^●)) 神垣さん 大長谷SNS担当稲垣と日本屈指のコーダーKさん ここの社員のKさん、日本でも屈指のコーダーさん。(北陸にこんな優秀でかつ、良心的なコーダーさんがいたことにびっくり。)。全国的なSNS制作会社の人も、自分で解決出来ない難問、疑問をこのKさんの超マニアックなホームページから頼って相談されているのです。 コーダーさんとは、
 
 コーダーの主な仕事は、HTML、CSS、Javascriptなどの言語を扱い、デザイナーのラフ通りにブラウザにページが反映されるよう、実際にページにコーディングしていくこと。  建築家が描いた建築デザインを、実際に工事するWEB業界の大工さん
さて、そんな素晴らしいいコーダーさんのおかげで、この大長谷山里だよりが、SEO 的に損失することなく、更に使いやすくなりました。 150113_HP改訂_2 SNS を使って、集客したい人は、最初は、自分で作るのもよいですが、ある程度記事がたまったたら、是非専門の方に相談をしたほうがよいと思います。 時間的な対価を考えた場合、wordpress を専門家に見せたほうが、よっぽど効率的で、合理性のあるものが作れます。(●^o^●) 【悪徳SNS製作会社の手口】 では、悪徳?良心的ではない、SNS製作会社とは、どのようなものでしょうか? いろいろな人のブログやホームページを製作した時の条件を聞くと、下記のような判断が出来ると思います。 150113_HP改訂 また、これ以外にも、年間更新料や手数料と言って、通常料金よりも多く請求する場合や 月額のレンタル料を言って請求される場合等々があります。 【余談】 余談ですが、値段も良心的ですが、やっぱり親切・丁寧、注文者である要望を適宜に改訂してくれるのは、本当に助かりました。Kさんも素晴らしですが、Kさんの行っていることを温かく見守って、理解してくれる社長も本当に素晴らしい人で、企業だと感じました。

SNS担当:稲垣

   ...
続きを読む

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリック協力

ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

マスメディアを上手に活用してソーシャルメディアの底上げを行おう(SEO対策)

1.『マスメディア』と『ソーシャルメディア』 マスメディアは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などプロが発信する情報。 ソーシャルメディアは、ホームページ、ブログ、Facebook、Youtube、など私たち素人でも発信することが出来るインターネットを前提とした情報。   150103_HP改訂_1 2.思いあがりは、足元を掬われる! 大長谷のような、富山でも知られていない地域が、ここまで知名度が上がったのには、3年以上継続的にブログをアップし、多くの協力者・理解者・支援者が広がったことに尽きます。 よく、世間では、ネットを使って情報発信をすれば、集客につながると言うひとがいますが、地道な努力、苦労なくしては、いくら誰もが手軽に情報発信出来るソーシャルメディアだからといって、集客に繋がることは難しいのです。 また、チャンスやヒントがあるのに、それを使わず自分本位の情報発信もNGです。今回は、マスメディアを上手に活用しながら、ブログとYoutubeのアップにつながる術を公開します。   150103_HP改訂_2   今回、NHKに取りあげられた経緯で、平成26年3月に行った『恋するフォーチュンクッキー・限界集落大長谷Ver』(以下:恋チュン)をNHK関係者が見ていたと聞いています。   大長谷の実態を恋チュンの冒頭・花井元自治会長の挨拶で、本当に切実に語っています。まだ見ていない方は、是非Youtubeを見て下さい。また、1度観た方も、再度Youtubeの貴覧をお願いします。この1つの貴覧が、様々な検索で大長谷のことが世間に広がるチャンスが生まれます。   3.質の高い記事を書くことを心がけよう! 質の高い情報を流すこと、ブログを作る人で記事を1回きりにされている人も多くいますが、大長谷では、ブログもYoutubeも何度も記事を使い廻ししています。質が高ければ記事が古くても着実に検索が序々に上がり、多くの人の目に留まる可能性が広がります。また、初めは質が悪くても、修正、書き直しをすることで、質を高めていく努力が必要なのです。 今回、NHK から大長谷の写真を依頼されましたが、ブログ「大長谷・山里だより」の画像を見て依頼を受けました。過去同等にマスコミから写真依頼を受けた場合も同じように「山里だより」にアップした画像を見て、提供して欲しいとの要望されています。 ですから、マスメディアの方々も、欲しい情報を探す手法として、ソーシャルメディアを活用しているのです。画像も、一度上げたらそれで終わりではなく、更新することも大事です。   4.取材対応能力を習得して行こう!   質の高い記事や画像で、マスコミからの取材を依頼された場合、極力応じるように努力しています。地元メディアに協力し、取材対応能力を養うのも大事です。いきなり、全国区のメディアが来るのを期待するよりも、着実にローカルな地方で地力を養う、地道な努力をすることが大切です。 また、取材に応じた場合には、それだけに浮かれず、必ず、その利用する番組の放送時間は、発売日時を確認しましょう。 極秘得ダネでない限り、放送時間や発売日は、教えてくれます。教えて頂けたら、是非自分のブログにも適宜な時期にアップしましょう。(適宜な時期は、日付、時間帯も含み、自分の空いた時間ではありません。あなたの貴覧するファンの人々の曜日や時間などを検討するのが大事です)   5.失敗は、成功の母   マスメディアを活用することは、思い付きではなく、事前にプランを練り、どのようなユーザーが検索を行い、その検索結果を最大限SEOに活かしていくかは、ブロガー(ブログ制作者)の手腕によります。 マスメディアは、失敗は許されませんが、私たちのソーシャルメディアは失敗や不足があってもよいと思います。何度も失敗と挫折を繰り返しながら経験値を積み重ね信頼得る情報源を築いていくことが大事なのです。   6.実例検証紹介(マスメディアとブログ)   では、実際に NHK に採りだたされた結果について報告します。   150103_HP改訂_3   今回は、放送日前日(1月9日)にブログにアップしました。

NHKスペシャル シリーズ日本新生/「ニッポン“空き家列島”の衝撃~どうする?これからの家と土地~」

  全国放送で、大長谷が流れる場合、大長谷ということを全く知らない人も視聴していると判断し、ブログの後半に『恋するフォーチュンクッキー限界集落・大長谷Ver』を添付したのです。   150103_HP改訂_4   NHK 放送後、結果 1日閲覧数が603件になりました。通常300件程度の閲覧数であったため、普段より2倍の人々がブログ「山里だより」を観た事になります。 また、検索理由からの検証でも、この日から数日間は、NHK 絡みのキーワードが非常にが多かったです。   7.実例検証紹介(ブログとYoutube)   150103_HP改訂_5   さらに、ブログでNHKの空き家を観た人の1割にあたる人が、Youtube 動画まで観てくれています。ブログにアップした翌日で、3倍の視聴があったことになっています。   Youtubeで、過去の動画であった「恋するフォーチュンクッキー限界集落・大長谷Ver」を再度リンクさせて貴覧数を増やす仕掛けづくりをすることは、恋チュン動画以外への波及効果もあります。波及効果・ソーシャルメディアの使い廻しについては、次回の折に説明したいと思います。   このように、私たちお金を持たない団体が、ソーシャルメディアを使う場合には、1つのwebサービスに偏らず、バランスよく、欲しいユーザーの検索媒体が何なのかを模索し、適したメディア媒体を活用することが大切です。且つ、毎回新しい記事をアップすることも大事ですが、古い記事でも質の高いものは、使い廻しを行うのが、良いとお金を持たない団体には適していると考え、その効果が着実に出ているのが大長谷であるのです。  

(SNS担当:稲垣)

 ...
続きを読む

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリック協力

ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

Faceboookとブログの連動 SEO 3日で2.4倍

★Facebookと、ブログは、直接連動していない

facebookにブログ記事を掲載して「いいね」の数が多数あっても、実際にブログ記事を貴覧しないことでは、その記事のSEO効果はないと思われます。   150106_HP改訂_1 11月中旬から12月末まで、ブログを休止し、アクセス数が、大幅に減りました。 1月1日からブログを再開し、Facebook で告知し、ブログへのアクセス協力を依頼することにより、にほんブログ村のランキングが2.4倍に上がりました。今も継続的にブログの発信、Facebookとの連動をすることにより、ランキングが着実に上がっています。

 ★Facebookとブログの直接アクセスの関連性

150106_HP改訂_2 大長谷・山里だよりは、平成27年1月1日よりリニューアルしました。 wordpress4.0を導入し、解析の為ツールJETPACKを導入し、明確になっています。 大長谷・山里だよりの貴覧を分類すると
  • Google やYahoo などの検索エンジンからの貴覧数 52%
  • Faqcebookからの貴覧数 28%
  • にほんブログ村からの貴覧数 20%

★Facebookの必要性

150106_HP改訂_3 Facebookからの30%近いアクセス数が、検索エンジンを底上げの要因である。 単にブログを書くだけではなく、facebookの友人が、直接ブログを貴覧することが大事である。 検索エンジンで検索上位になることにより、第三者に情報が広がり、第三者が大長谷に訪れる可能性が広がる。 繰り返しになるが、Facebookだけ限定した告知は、極めて限られた範囲にしか情報が流れない恐れがある。 大長谷のような小さな活動を広げている団体は、Facebookとブログの連携が大事。そして、その連携を1人だけが行うのではなく、共感・共有出来る仲間をどれだけ多く築けるかが大切だということを認識することである。 仲間づくりをするためには、
  • 自分だけの情報発信に固執することなく、
  • 仲間の情報も理解し、応援すること
  • 不定期に情報を発信するのではなく、定期的に継続
が大切である。 SNSで「応援」と「感謝」の重要性については、是非ノブ横地さんのセミナーで学んで下さい。 ソーシャルメディアビジネス ツイッター伝道師 ノブ横地 ノブさんのセミナーに参加されていない方でも、書籍もありますので、是非参考にして下さい。

ソーシャルメディアの流儀

ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣

なお、『4つの習慣』には、NPO大長谷村づくり協議会の会員 稲垣の記事もアップされていますので、是非見て下さい。 ソーシャルメディア  

 ★FacebookとブログのSEO効果

150106_HP改訂_4 大長谷での集客は、体験型ワークショップである。ワークショップをしたい人々のニーズは、Facebook よりも、Google や Yahoo などの検索エンジンを利用して、来訪する傾向がある。 よって、検索エンジンのアクセス数を増やすためにもFacebookの友達や、大長谷ファンによる日々のブログ貴覧が大事なのである。 ブログの改訂の理由については、次回説明を行います。

(SNS担当 :稲垣)

ブログを読んでいただいた あなたお願い

限界集落大長谷

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリックで

大長谷の賛同につながります

是非ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

...
続きを読む

1%の効果・結果も出さないFacebookの使い方

facebookの使い方は、皆それぞれであっていいと思います。 どれが正しいというのはありません。 しかし、自分の想いと相手のことを考えた使い方をされているのかということは別だと考えます。 詳細については、是非ノブ横地さんのセミナーで学んで下さい。 ソーシャルメディアビジネス ツイッター伝道師 ノブ横地

★1.facebook社は、株式会社であり、営利企業

150103_HP改訂_1 facebookを運営しているfacebook社は、株式会社であり、営利企業です。 企業(facebook社)が喜ぶ使い方をすれば、自分の記事が多くの人に見られますし、逆に企業(facebook社)が喜ばない使い方をすれば、あなたの記事は、全く誰の目にも留まりませんし、友達のタイムラインにも表示されません。 企業(facebook社)が喜ぶ使い方とは、どんな使い方なのか、それは、facebookをいつも使って企業(facebook社)に、お金を落としてくれる人です。上記フローが、facebookを利用している全ての人に当てはまるとは思っていませんが、大長谷で行われているやり方を記載しています。 結論からすれば、大事なのは、私たちのような小さな限界集落の小さな活動については、毎日自らが多くのの投稿よりも、友人に対し、「いいね」や「コメント」など何らかのアクションを残すことが大事です。 facebookで自分のタイムラインに表示される記事は、自分の一番親しい人の表示が多くなります。逆に疎遠な人の投稿は、自分のタイムラインに表示されなくなります。ですから、一方通行では、駄目なのです。自分だけの情報発信をし、相手のタイムラインも見ず、自分の投稿にコメントを下さった友人に「いいね」も「コメント」のお返しもしないのは、facebookでの集客効果は1%も出せないのです。 私たちNPO大長谷村づくり協議会でも、常に相手にコメントやいいねを継続的に行っています。ですから、集客に繋がっているのです。 農援隊イベントを含めて年に30回以上のイベントを行っていますが、facebookからの集客は、常に「いいね」や「コメント」を繰り返し継続をしているからです。 【前回アップ参考】

SNSでの集客/ホームページ・ブログ・facebook関連付けて僅か1日で1.4倍アップの実績

  facebookで友達の数を増やせばいいね!も増えていくという事は、勘違いであり、多くのコンサルタントの方や、ネット上でも、書かれています。ノブさん流に言うな『応援』『感謝』です。 ノブさんのセミナーに参加されていない方でも、書籍もありますので、是非参考にして下さい。

ソーシャルメディアの流儀

ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣

  なお、『4つの習慣』には、NPO大長谷村づくり協議会の会員 稲垣の記事もアップされていますので、是非見て下さい。 ソーシャルメディア      

ブログを読んでいただいた あなたお願い

限界集落大長谷

下記 にほんブログ村 タグ に

1日1回のクリックで

大長谷の賛同につながります

是非ぽちっとクリックお願いします<m(__)m>

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ にほんブログ村

...
続きを読む