FAQ

Q

年齢制限は、ありますか?

A.

特にありません。

現在8歳児から、70歳代のシニア世代まで登録されています。

Q

お手伝いをしたいのですが、作業時間は、1日どれくらいでしょうか?

A.

特に決まりは、ありません。

ご自分の体力や時間を考慮してお手伝いして頂きます。

Q

どんな人が農援隊に登録していますか?

A.

あらゆる人々が登録しています。

北海道から関西方面までの地域で、学生、会社勤めの方、主婦、公務員、フリーターなど、あらゆる方が登録されています。

※平成26年11月末で登録者数138名

Q

農作業をしなくても農援隊に加入出来ますか?

A.

加入出来ます。

農業以外にも、渓流釣りや山野草の勉強会、地域のイベント補助などのお手伝いも行います。

Q

農業は、未体験ですが、大丈夫ですか?

A.

未経験者でも大丈夫です。

本人がやりたい範囲のことを、相談しながら行っていきましょう。

Q

宿泊は、出来ますか?

A.

地区にある宿泊施設を利用出来ます。

農援隊のイベントの場合は、ペンションやコテージ等を貸切にして、格安で宿泊が可能です。また、個人で借りることも出来ます。

Q

自動車以外で、大長谷に行くにはどうしたらよいでしょうか?

A.

越中八尾駅からコミュニティバスで通えます。

日曜・祝日以外の平日、越中八尾駅から、コミュニティバスで来訪出来ます。
親しくなったら、農援隊同士で、自動車の乗り合いの場合もあります。

Q

冬でも活動しているのですか?

A.

1年通して行っています。

冬は、地元民家の雪透かしや、スノーハイクをして楽しめることが出来ます。また、かんじき作りや藁靴などの伝統文化を体験することも可能です。

詳しくは、

ホーム > 農援隊 > 年間行事
を見て下さい。

Q

ながたん農援隊事務局とは?

A.

地元住民と交流者のかけ橋です。

平成26年11月現在、稲垣が行っています。

Q

活動は、いつ行われていますか?

A.

毎日行っています。

農援隊の活動とは、大長谷に訪れること。そして、隊員自らの意志で、大長谷でしたいことを決めます。農家さんのお手伝いがしたい場合は、直接農家さんに連絡、又は事前に事務局に相談して下さい。

詳しくは、

ホーム > 農援隊 > 年間行事
を見て下さい。

 

Q

自分で畑を耕すことも出来ますか?

A.

休耕田を耕すことも可能です。

地元農家さんの休耕田を借りて、耕すことが出来ます。また、農家さんと交渉次第で、農機具を借りることも可能です。

Q

どのようにして、加入出来ますか?

A.

大長谷ふるさとセンターで申し込み出来ます。

年間費500円をふるさとセンターで支払えば、年間行事予定が、1~2回程度ご自宅に送付出来ます。

Q

ながたん農援隊って、何ですか?

A.

大長谷が好きな交流者の集まりです。

元の農家さんのお手伝い、山菜採りやキノコの殖菌、自分で畑を耕すことも出来ますが、のんびり大長谷で過ごす人もながたん農援隊です。

Q

NPO大長谷村づくり協議会は、どこにありますか?

A.

大長谷ふるさとセンター内に事務局があります。

富山市八尾町庵谷10番地
電話076-458-1415

Q

NPO大長谷村づくり協議会って何ですか?

A.

交流者促進を行っているNPOです。

過疎が深刻になっている大長谷地区において、交流者促進のために、年間を通してイベントの開催、森林保全、行政施設の業務委託等を行っているNPOです。

Q

宿泊は、出来ますか?

A.

宿泊出来ます。

大長谷には、21世紀の森杉ヶ平キャンプ場、河村ペンション、
村上山荘の3施設で宿泊が出来ます。

Q

コンビニやスーバーは、ありますか?

A.

ありません。

麓に位置する八尾町で、飲食、日用雑貨等の買い物が可能です。

毎週水曜日は、オレンジマートさんが移動販売に訪れます。

149

Q

自動車以外で、大長谷に行くにはどうしたらよいでしょうか?

A.

電車とバスを乗り継いで行けます。

  •  日曜・祝日以外の平日、越中八尾駅から、コミュニティバスで来れます。
  • 越中八尾駅からTAXで来れます。
    • 25km 40分 12000円前後
  • 農援隊メンバーにヒッチハイク(高等テクニック)

 

Q

冬でも大長谷に行けますか?

A.

国道471号線で来れます。

  • コミュニティバスは、年末年始・日祝日以外は、運行しています。
  • 自動車で来られる場合は、富山市内から国道471号線、南砺市からは、利賀経由で来れます。
  • 国道471号線で、大長谷温泉から河合村までの区間は、11月16日から5月31日まで、冬期通行止めとなっていますので、ご注意ください。

Q

愛知県から自動車で行く場合、どのようなルートがありますか?

A.

南砺市・利賀経由と、富山市から国道471号線の2路線あります。

【利賀-大長谷】

  • 東海北陸自動車道_五箇山I.Cを下車
  • 国道156号線にて道の駅たいらを右折(平・入谷)
  • 林道大山・福光線(新山の神トンネル)_入谷-利賀・阿別当
  • 利賀河合線(県道34号線)_阿別当-利賀行政センター
  • 国道471号線_利賀行政センター-大長谷

【富山市経由】

  • 別添FQA『富山市内から自動車で行く場合』を参考にして下さい。

【河合村経由】

河井村から国道471号線のルートは、道が険しく冬期閉鎖になっています。また、集中豪雨等で土砂崩れで通行止めになり易いので、あらかじめ道路管理者等に確認して下さい。

  • 東海北陸自動車道_飛騨清見I.Cを下車
  • 国道158号線
  • 古川清見(県道90号)線(通称飛騨卯の花街道)
  • 国道41号線_古川町大野町-古川町野口
  • 国道471号線(楢峠経由※道が険しいです)

Q

富山市内から自動車で行く場合、どのようなルートがありますか?

A.

国道471号線、市道三ツ松島地線、県道島地新名線があります。

国道471号線でお越しください。

一部のカーナビで大長谷を検索すると、県道島地新名線(県道228号線)を指定しますが、大変道が険しいので、推奨出来ません。(冬期(11月15日から5月31日迄)通行止め)

市道三ツ松島地線(市道78号線:愛称ジュラシックコース)は、山沿いで曲がりが多いですが、道幅は、国道471号線より幅広です。しかし、冬期(11月下旬から4月下旬迄)通行止めです。