Monthly Archives: 8月 2012

トウモロコシのお裾分け 大長谷での 『 おおかみこどもの雨と雪 』 ながたん農援隊

『おおかみこどもの雨と雪』を観たよ

母親のは、畑でジャガイモを作りました。

出来たジャガイモを村の人々に配ることで花は、村人とコミュニケーションを取り

いろいろな物と物々交換されました

6_120819_トウモロコシ配り

お裾分けで頂いた夏野菜の一部

ながたん農援隊隊員たちで作ったトウモロコシも

昨年以上に収穫が見込める予定です。

平成24年8月19日、早速初成りのトウモロコシを村人に配って来ました。

1_120819_トウモロコシ配り

ハクビシンが畑にくるのを防ぐ為に柵を作る滝口さん

2_120819_トウモロコシ配り

トウモロコシのお返しにもぎたてのトマトを摘み取ってくれる井上さん(ブルーベリーの農家さん)

甘くて美味しいトマトです(^o^)

4_120819_トウモロコシ配り

循環型農法の今村さんの特性青汁

ベースはケール

そのほかにもタマネギ、にんじん、酵母菌などいろいろマル秘ブレンド

5_120819_トウモロコシ配り

循環型農法の今村さんの特性青汁

砂糖はないのに野菜本来の甘みがあり苦くなく

飲みやすく夏ばて予防にばっちり

野菜はもちろん今村さんの有機栽培

続きを読む

完熟トマトのひび割れ 屋根を付けて水分カット ながたん農援隊

1_120812_トマト

柵設置前の状態

完熟されたトマトのひび割れは、

雨や急激な水やりが影響

ながたん農援隊トマト担当Yちゃんの発案で

トマト畑に屋根を設けることにした。

2_120812_トマト

パイプ支柱取り付け

村上理事長に屋根材料を貸して頂き

取り付け作業を行なった

夕方4時から開始して3時間

草刈り、パイプ支柱柵、

下桟・中桟・上桟の順に取り付けを行い

日が暮れて本日の作業はここまで

4_120812_トマト

下・中・上に桟を通して本日作業終了

後日、シートを設置して完了

これでトマトのひび割れ対策完成(●^o^●)

手前は、モグラ対策のペットボトルで作った風車

5_120812_トマト

屋根が出来たトマト畑と風車

あなたも大長谷で学びに来ませんか?

農援隊では、年間500円の会費

(ボランティア保険代+お知らせ手紙郵便代)

により、大長谷で気軽に農業や里山体験

(詳しくはながたん農援隊のタグを見てね)

が行えます。

年1回以上起こしになられる方

ながたん農援隊に登録し

大長谷をもっと探求してみましょう

お手伝いに関しては、農援隊メンバーに随時配信しています

自分が来れる曜日・時間帯により

四季折々の体験が可能です

『山里だより』は、にほんブログ村に登録しています。

富山情報では、富山県全域での活動が紹介されています。

エコロの森では、『立山ツアー』のお知らせが発信されています。

続きを読む

大長谷での 『 おおかみこどもの雨と雪 』 築100年以上の民家 雪の残暑見舞いと可愛い狼じゃないけどワンちゃん 

『おおかみこどもの雨と雪』を観たよ

前回のおおかみこどもに続いて第3弾

大長谷にも多くの築100年以上の民家が存在します

_120114_津田宅IMGP11283

母親のは、都会から富山の山奥に引っ越した

2階建てなのは、かつて2階で蚕を飼っていたからである

大長谷もそうだが今の富山のあちこちに

花や子供たちが育ったような古民家が空家になっている

夏は涼しく、冬は薪ストーブで暖かだ

映画と違うのは、実際の古民家の梁は、

ミズナラを利用し木が太くたくましい

豪雪に耐え斜面に生えて育ったミズナラは若干の反りもある

今の建物と違い木の温もりのある住まいだと感じる

都会とは違い不便だが人の知恵が家の中に沢山ある

富山では、定住者促進のため行政もサポートがある

(くらしたい国、富山定住交流促進サイト」

古民家に興味のある方ぜひ富山で2泊3日の農業体験試してみてはどうでしょうか?

グリーンツーリズム富山 とやま帰農塾2012

前半の帰農塾は終了しましたが、秋の帰農塾、まだ5講座残っています。

来年開催されるか未定であると聞いているため、今年の講座が最後かも。

おまけ

_120114_津田宅IMGP11251

続きを読む

クラインガルテンD棟住人だより vol_4  (ジャガイモ他ささやかに収穫しました。)

329322_338374222917822_364195959_o221403_338373066251271_195880434_o256591_338368189585092_888199320_o

左がスーヨー胡瓜、イボの切れ込みが深いがそのぶん種がすくなく実が引き締まっておいしい。真ん中が中玉トマト、右はキタアカリ、8メートルの畝ニ本、バケツに5杯 多分5​0㎏ぐらいは採れたと思います。初心者向きの作物です。小粒のものがかなりあり​仕事で作っているひとならこの倍ぐらいはとれるのかと思​います。今年はこれで充分です。

616735_338368456251732_1226620485_o289007_338368612918383_1424913763_o

左は草むらに隠れているたしかアンデスメロンのようなやつこれから網がでてくるはず。

右は小玉スイカ このうち1個は収穫しました。

20120810_13065020120810_130801622587_338369179584993_1437947375_o

左はまくわ瓜の改良種だそう。小さいけど糖度が高いらしい

右がバターナッツ 普通のカボチャよりなめらか、スープにしました。

下が坊ちゃんカボチャ たくさんできるけど小さすぎて食べるところは少ないみたい。この畑だけかもしれません

614794_338374089584502_2072831475_o614672_338370079584903_1850427928_o

茄子は4月末5月半ば5月末の3回に分けて定植、写真は4月末に定植して生き残ったもの、早く植えたものほど小さく育って小さく実をつけています。唐辛子、赤か青かわからなくなりました。

411526_338370202918224_1828300666_o289070_338373269584584_1551538669_o

左が2回目のキャベツ、前回は400グラムほどの玉をまきました。右は2回目のカリフラワー前回はすべて虫のご飯になりました。「活力のある野菜には虫が付かない」これを信じていつの日かそれを確認できるように今回もキャベツとカリフラーはネットをかけていません。

あなたも大長谷で学びに来ませんか?

クラインガルテンでは、年間24万円の費用で...

続きを読む