ショウジョウバカマ H.orientalis

  • 120422_ショウジョウバカマ (1) – コピー
  • 120422_ショウジョウバカマ (2) – コピー
  • 120429_ショウジョウバカマ (1) – コピー
  • 120429_ショウジョウバカマ (2) – コピー
  • 130331_ショウジョウバカマ (1) – コピー
  • 130331_ショウジョウバカマ (2) – コピー
  • 130331_ショウジョウバカマ (3) – コピー
ユリ科 Liliaceae
ショウジョウバカマ属 Heloniopsis
ショウジョウバカマ H. orientalis
花期  4月下旬から6月中旬
高さ  10~20㎝
特徴  国道471号線の道沿いから白木峰山頂まで長期間の時期大長谷で見られる山野草。
葉はやや先端がとがって細長く、地表面を放射線状に伸びます。肉厚で光沢がある。名前の由来は、花の色が、ショウジョウ(猩々)の顔に似ているから名付けられてとされている。

 

コメントはまだありません。

コメントを付ける