山菜 wild-vegetables

3月~6月、標高400mから1400mの高低差を利点として、大長谷は、山菜の宝庫である。

大長谷の山菜は、フキノトウ、葉ワサビ、コゴミ、タラノメ、シャク、コシアブラ、キノシタ、ウド等20種類以上が食されている。

大長谷の山菜は、雪深く、標高が低い場所から順次山菜が息吹きだす。雪解けから、芽吹きまでの期間が短期間で生育するため、柔らかく味が濃いのが特徴である。

一般消費者はもちろん、料理店においても大長谷の山菜は、富山ブランドとして定評がある。

コメントはまだありません。

コメントを付ける