炭 Charcoal

大長谷の黒炭は、主にミズナラ、ブナ、ケヤキなどの落葉樹で作られている。

昭和30年頃までは、大長谷で多くの人々が、生産に関わってきたが、家庭の火力が、炭からガスに変わるにつれ、その頻度が減り、昭和50年頃には、作られなくなった。

平成から、大長谷地区の炭焼き名人・津田利雄によって、大長谷の炭が復活。

現在も年に数回炭焼きを行っている。

 

コメントはまだありません。

コメントを付ける